banner

雛形を参考に!

一般社団法人の設立にかかる料金について

一般社団法人は何かしらの活動を行う団体が法人化するための手段として最も広く利用されているものです。株式会社などの設立登記を行うために行うのと同じような手順で一般社団法人の設立を行うことが出来ると言うことが知られており、特別な知識が無くても本の読んだりして調べながら設立の手続きを行うことも不可能しかしながら一般社団法人の場合には設立のための手続きを代行してくれる業者の存在などがありますので、思い切って任せてしまうのも一つの手段であると言
そんな一般社団法人の設立は必要書類を作成するところから始まります。一般社団法人の場合には少なくとも二人が必要となりますが、それ以外に定款と呼ばれる団体の活動内容が網羅された書類を3部、印鑑証明を計算部、登記申請書を1部、そしてフロッピーディスクやCD等の電子媒体と印鑑届出書を準備して手続きを行うのが一般的な手法です。

この様な必要書類はある程度型にはまったものであるため、正しい手順を知ってさえいれば特に問題なく申請のための書類作成が出来ると言えるでしょう。この中でも特に重要になる書類は会社の概要を記した定款であると言えます。定款に団体の活動の目的の他、団体の名称、主たる事務所の所在地、設立時の社員の氏名と住所、社員の得喪に関する規定、広告方法、そして事業年度の記載が必要とされています。そのためルールに注意して作成すればそれほど困難なものではないと言えるでしょう。
これらの手順の全てを自分で行った場合にも一定の料金は必要です。例えば団体を法人として登録するためには登記申請書に6万円分の収入印紙を貼る等、様々なお金がかかっているのです。これらの印紙代を含めておよそ11万円が設立のために必要になっているという状況があります。この金額は株式会社等の設立に比べるとやや安い金額となっています。またこの様な手続きに関しては書類作成などの手続きを代行してくれる専門の業者も存在しています。司法書士などの専門家は3~4万円程度の料金で法人化のための様々な手続きを代行してくれるというサービスを提供しているケースがありますので、頼めるのであれば任せてみるのがよいでしょう。司法書士は様々なところに事務所を開いていますが、各地域に存在しており登記のために出向く必要がある法務局の近くに多く存在しています。そのため背t率のための相談も含めて司法書士の10無所を訪れてみるのも一つの手段であると言えるでしょう。”

Copyright(c) 一般社団法人設立の認可に必要な手順 All Rights Reserved.