banner

融資を受ける方法

一般社団法人の設立にかかる料金について

一般社団法人を設立したのはいいものの経営が困難になってきて融資を受けたいと考えている方はいらっしゃると思います。受けることは可能ですが、そういった方で簡単に受けられると考えている方は要注意です。

まず初めに、融資を申請する人たちで勘違いしているところは「一般社団法人でも融資は受けられますか」という考えと一般社団法人は融資に落ちやすいと考えているところです。一般社団法人でも融資は受けられます。それは日本政策金融公庫から受ける方法です。というよりも一般社団法人などはここからしか融資を受けることができません。

ですが、一部の自治体では受け付けていないところもあるので注意してください。そして受ける人たちが見落としがちなところで最も重要なところは、審査に一度でも落ちてしまうと二度と融資を受けることができなくなるということです。正直この部分を全く知らない人たちが多いので十分気を付けてください。そして一般社団法人が審査に落ちやすい原因があります。

それは事業計画書に問題があるためです。設立するときに事業計画書は作成しますが、この内容がいい加減なため審査に落ちてしまっているのです。一般社団法人を設立した人で心配している人の多くは、これらの部分をきちんと理解していないため不安になっているのです。ではどうすればいいのか。それは、実際に審査に通過したところの実例または実物から学ぶことです。

インターネット上には設立時の事業計画書に関する無料の雛形がたくさんありますが、これを参考にしないでください。これはあくまでもサンプルであり、確実に審査に通過するという保証はありません。ですが実際に通過したものを参考にすれば確実です。ですがこれを自分で行うと非常に時間と労力がかかってしまう可能性があります。

そういったときの最善の方法は行政書士などの専門家に依頼することです。専門家であれば、実際に審査に通過した実例などの情報を持っているので安心できます。さらに進め方なども把握しているため早く終えることができます。ですので初めてで不安という方や自分ではあまりやりたくないという方は行政書士などの専門家に依頼することをお薦めします。

最後に、一般社団法人を設立したという理由で審査に落ちたりはしません。審査に落ちている多くの原因は事業計画書に問題があるためです。ここを改善することができれば問題なく通過します。そして申請は一度しかなく一度落ちたら二度目は無いということを肝に銘じてください。”

Copyright(c) 一般社団法人設立の認可に必要な手順 All Rights Reserved.